ハンドメイドショップ  FELICE

カートの中身

カートの中に商品はありません

カートの中身を見る

店長コーナー

YUI

初めまして。 私自身も、Designer・クリエイターとして活動しています。 皆様に喜んで頂ける作品作り、商品を揃えられるように努力して参りますので、よろしくお願いします。 ご来店誠にありがとうございます。

店長日記はこちら

Feed




世界の約70億人のうち、約10億人が飢餓や栄養失調の問題で苦しむ一方で、20億人近くが食べ過ぎが原因で肥満状態にあります。

この深刻な食の不均衡を解消するため、2007年の秋に日本でtable for twoが創設されました。
2016年までの約8年間で、日本国内外でのtable for twoプログラムへの参加企業・団体数は700を突破。食堂から始まったプログラムは、レストランやコンビニ、自動販売機や披露宴など、様々なかたちで広がっています。


table for twoの仕組みは、海を越えて海外にも広がっています。2016年現在、アメリカをはじめスイス、イタリアなどヨーロッパの国々、ノルウェー、サウジアラビア、そして香港やベトナム、オーストラリアなど計14か国で活動を展開しています。


table for twoという名称の由来

table for two、直訳すると「二人の食卓」。先進国の私たちと開発途上国の子どもたちが、時間と空間を越え食事を分かち合うというコンセプトです。
table for twoに参加することによって得られる地球人としての一体感と思いやりの心が、現在の世界にとって不可欠だと私たちは考えています。


table for twoプログラムは、対象となる定食や食品をご購入いただくと、1食につき20円の寄付金が、table for twoを通じて開発途上国の子どもの学校給食になります。 20円というのは、開発途上国の給食1食分の金額です。つまり、先進国で1食とるごとに開発途上国に1食が贈られるという仕組みです。

プログラムへご参加いただいた皆様からの寄付金は、支援先地域の子どもたちの学校給食になります。



FELICEでは11種類の珈琲豆の販売で、table for twoプログラムに参加しました。
table for two対象商品(TFTプログラム(+20円支援))を購入頂くと、20円がtable for twoプログラムを通して、支援先地域の子どもたちの学校給食として支援されます

FELICE(会社)としても、table for twoプログラムに参加し、寄付をさせて頂いております。